看護師による不整脈の原因・症状・治療法など徹底解説

規則正しい生活は不整脈を予防する!その理由とは


心臓は自分の意思で動かすことが出来ないのに、なぜ生活習慣を整える必要があるの?
と疑問に思った方もいると思います。


これからその理由と、方法について解説していきます。



不整脈を起こしにくく、悪化させない生活の過ごし方は、規則正しい生活にほかなりません


心臓は交感神経・副交感神経と言う自律神経の影響を強く受けています。
交感神経常が活発な状態が続くと、脈拍を早くしたり、血圧が上がったりします。


不整脈の原因となる生活習慣は以下のようなことがあげられます。

  • 疲労や過度のストレス
  • 睡眠不足・夜更かし
  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • カフェインの過剰摂取
  • 脂肪やコレステロールの多い食事
  • 肥満・暴飲暴食

精神的な緊張、興奮、怒りなどは血圧を急激に上げる作用があります。
慢性的な高血圧は心臓に負担をかけ、その負担が不整脈につながることもあります。


忙しい現代人はストレスが大きく、時間が取れません。
上にあげた項目のうち、どれも当てはまらないという人は少ないでしょう。


しかし、これらの項目すべては、自分の意思で改善できることです。
疲労を取り除き、ゆったりとした気分になれる時間を意図的に作ることが必要です。
良質の睡眠は病気を予防します。
眠りが浅い眠れない症状がある場合は、病院を受診し軽めの睡眠薬や精神安定剤を処方してもらうことで、不整脈、高血圧を含む生活習慣病が改善し、身体が楽になることがあります。



お酒の飲み過ぎに注意

「酒は百薬の長」と言われますが、飲み過ぎは禁物です。
一般的にお酒を飲みすぎると「肝臓を悪くする」という知識は広まっていますが、それ以外の弊害はあまり知られていませんね。


お酒を飲むと体は脱水状態になります。
ビールをいくら飲んでも、水をたくさん飲んだことにはならないと思ってください。
ビールを飲むとやたらおしっこに行きたくなる・・・という経験はありませんか?
アルコール自体の利尿作用で尿がたくさん作られること、血管の中の水分が奪われることが原因です。
脱水になると、血液濃度が濃くなり、血の中に小さな塊(血栓)ができやすくなります。この血栓が脳の血管を詰まらせ、脳梗塞となります。


ただ、お酒を飲んだ=脳梗塞 ではありませんので注意してください。


<<ひとくちメモ>>

にんにく卵黄が心臓疾患や不整脈の予防や改善に効果的なのをご存知でしょうか?

にんにく卵黄には、不整脈の原因の1つ、自律神経の乱れを整える効果があります。


さらに、血液中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があり、不整脈の合併症である、「血栓症」を起こりにくくする効果があります。


さらに悪玉コレステロールの除去、血管を丈夫にする働きがあるため、動脈硬化を防ぎ、高血圧や心筋梗塞、心不全などを予防、改善する働きもあります


そんなにんにく卵黄の中には、特に不整脈や心臓疾患に効果が高いにんにく卵黄があります。


それが、大日堂の「発酵黒にんにく酢卵黄」というにんにく卵黄です。


「発酵黒にんにく酢卵黄」の不整脈や心臓疾患に対する効果の秘密は「マグネシウム」と「亜鉛」を豊富に含んでいることにあります。


マグネシウムは、

  • 心拍を一定に保つ
  • 高血圧、心疾患、糖尿病などの病気の予防

などの効果があるとされています。


亜鉛には、

  • 免疫力を高める、血糖値を下げる
  • 酸素の活性化、新陳代謝の促進

などの効果があります。


マグネシウムや亜鉛を摂取することにより、心拍を一定に保ち、高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防をし、免疫力を上げて血糖値を下げることができます。


このように、マグネシウムと亜鉛を豊富に含んだにんにく卵黄は心疾患や不整脈の予防、改善に効果が高いとされいて、
実際に生活習慣を改善しても不整脈(期外収縮や頻脈)が改善されなかったのに、発酵黒にんにく酢卵黄を飲み始めてから不整脈が出る回数や頻度が減った、改善したという患者さんの声をとても多く聞きます。


さらに、にんにく卵黄の力によってあなたの体に元気と活力を与えてくれます。
一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?


不整脈に効果が高いという声が多いにんにく卵黄はこちら↓↓




いかがでしたか?
不整脈を予防する生活習慣のポイント、お伝えできましたか?
日常生活を整えることによって、不整脈を予防できたり悪化を防ぐことができ、快適な毎日を過ごせるといいですね。
ただし発作的に脈拍が早くなる危険な不整脈や、心臓の電気信号に異常があり、脈が極端に遅くなる不整脈などは、薬や手術などの治療が最優先の場合があります。


いずれも、不整脈を感じたら、病院を受診し医師の指示を受けてくださいね。




 

>>不整脈の種類・原因・症状・治療法TOPへ戻る<<