看護師による不整脈の種類や原因・症状・治療法など徹底解説

脈が遅くなる不整脈 房室ブロックとは


ブロックとは「通り道をふさぐ」「妨げる」という意味を持っています。
房室ブロックとはどんな不整脈でしょうか。


心臓の拍動は、心筋を収縮させる電気刺激が規則正しく流れていくことによって保たれています。
この電気刺激の発生源は、右心房(心臓の上の方の部屋)にあるペースメーカー細胞です。


電気刺激の発生源の部位を洞結節といいます。
自律神経作用の影響をうけ心拍数を調節する重要な場所です。


洞結節からの電気刺激は、心室(心臓の下側の部屋)に伝わり、心臓をリズム良く拍動させます。
この洞結節から心室への電気刺激が伝わらない、または電気刺激が伝わるのが遅い状態を、房室ブロックと言います。



房室ブロックの原因は


房室ブロックの原因は大きく分けて2つです。
病気の要因がないのに起こるタイプと、病気が原因で起こるタイプです。


病気の要因がないタイプは、治療が必要な場合はほとんどありません。


病気が原因で起こるタイプは、心筋梗塞・心筋炎・膠原病・リウマチ熱の後遺症などによって起ります。


房室ブロックの症状は


脈が遅いために疲れやすい、息苦しい、心不全になるなどの症状が現れます。
時に、全く症状がなく経過する人もいます。


心拍数が減少(徐脈)しすぎたり、脈が止まってしまうと脳への血流が途絶えてしまいます。
脳虚血(脳貧血)による意識障害や失神などの症状をおこす発作をアダムストークス発作と言います。
これらの病気により、電気刺激の通り道が障害されることが原因です。



房室ブロックの重症度は


重症度はI度、II度、III度に分けられます。
V度房室ブロックは「完全房室ブロック」と呼ばれ重症度が高くなります。


  • T度房室ブロック

心房から心室への電気刺激の伝わりが遅くなっている状態です。


  • U度房室ブロック(Wenckebach型 / Mobitz I型)

心電図で観察すると、心房から心室への電気刺激の伝わりが徐々に遅くなて、ついに刺激伝達がとだえ、また元に戻る状態を繰り返します。
または、心房から心室への電気刺激が正常に伝わっている状態から、急に刺激伝達がとだえ、また元に戻る状態を繰り返します。


  • V度房室ブロック

心房から出た電気刺激が全く心室に伝達されない状態です。



危険なアダムストークス発作


脳虚血(脳貧血)による意識障害や失神などの症状をおこす発作をアダムストークス発作と言います。
U度房室ブロックのうち「急に電気刺激がとだえるタイプ」と、V度房室ブロックで、起こす可能性があります。
ペースメーカー植え込み手術の適応です。


不整脈の治療方法 植え込みデバイス手術・ペースメーカー治療


いかがでしたか?


房室ブロックと言っても、電気刺激の流れが遅いだけのものから、電気刺激が完全に途絶する物まで重症度には段階があります。
心電図で房室ブロックと言われたら、しっかりと原因を調べてもらうことが必要です。


原因と房室ブロックの重症度をしっかり診断してもらい、適切な治療を受けてください。






>>不整脈の種類・原因・症状・治療法TOPへ戻る<<