看護師による不整脈の種類や原因・症状・治療法など徹底解説

原因疾患が重要 脚ブロックとは


脚ブロックは心電図異常として現れる不整脈の一つです。
自覚症状が無く、健診で指摘されることが多い不整脈で、他の不整脈を合併していない限り治療を要することは少ないです。
何らかの原因疾患によって引き起こされるタイプと、何ら心臓に異常がないタイプに分けられます。



脚ブロックの「脚」とは


心臓の拍動は、心筋を収縮させる電気刺激が規則正しく流れていくことによって保たれています。
この電気刺激の発生源は、右心房(心臓の上の方の部屋)にあるペースメーカー細胞・洞結節です。


電気刺激の通り道は

  • 洞結節から心房内(心臓の上の部屋)を通る
  • 房室結節を経て心室内(心臓の下の部屋)に伝わる
  • 心室内の興奮伝導は、ヒス束を経て右と左に分かれて伝わる
  • 最終的にプルキンエ線維を通って右室と左室へ伝わる

「脚」は心室内で右と左に分かれ、それぞれ右脚・左脚と言います。
脚ブロックは、この電気刺激の通り道が障害された状態です。


右脚ブロックと左脚ブロックとは


右脚は右側の心室に電気刺激を伝えます。
右脚ブロックは、これといった心臓異常がない健康な人にも見られ、ほとんど治療の必要はありません。
右脚ブロックがある場合、右心室の働きは弱くなりますが左心室が働きを代償します。


左脚は左側の心室に電気刺激を伝えます。
左脚ブロックは、虚血性心疾患などに合併して起こることがあります。
検診等で指摘される脚ブロックは、そのものが治療の対象となることは少なく、どんな病気が原因かを調べる必要があります。


病気によって発生する脚ブロックとは


心筋梗塞や心筋炎を発症し、合併症として脚ブロックが発生することもあります。
「脚」がある部分の心筋が障害されたり、その部分への虚血(血流がとだえる)ことによって起ります。


新たに左脚ブロックが出現した場合は、症状を良く確認します。
胸痛(胸の痛み)・胸苦しさ・息苦しさ・気分不快等の症状があり、新規の左脚ブロックが出現している場合は、各種検査が必要です。


胸部X線写真、心エコー検査、採血検査による異常の診断や、場合により心臓カテーテル検査が必要となります。



脚ブロックの治療は


心臓のポンプ機能に問題が無い場合は、脚ブロック自体への治療はほとんど必要ありません。
ただし、諸々の原因で心臓のポンプ機能が障害された「心不全」の状態で、脚ブロック(特に左脚ブロック)を合併していると問題になることがあります。
左心室の中で、収縮運動のずれが生じ効率的な収縮ができなくなるためです。


症例によっては以下の治療が有効な場合があります。
心臓再同期療法(Cardiac Resynchronization Therapy; CRT)は特殊なペースメーカーで、心臓の中と外から心筋に電気刺激を送り、左心室拍動の同期性を回復させる治療法です。


いかがでしたか?
脚ブロックという不整脈自体が問題ではなく「おこっている原因」と、脚ブロックがあることで「心臓のポンプ機能に与える影響」が重要です。


循環器内科を受診し、必要な検査治療を受けてください。






>>不整脈の種類・原因・症状・治療法TOPへ戻る<<