看護師による不整脈の種類や原因・症状・治療法など徹底解説

期外収縮(不整脈)の症状・原因・治療方法


期外収縮は発生する部位によって次の3つに分けられます。
@心房性期外収縮
A房室接合部性期外収縮
@とAを合わせて 上室性期外収縮といいます
B心室性期外収縮


これらの不整脈はもっとも多くみられる不整脈のひとつで、健康な成人の人でも24時間ホルター心電図で検査すると、半数以上の人に上室性期外収縮は認められます。


症状

9割以上の人には特別な症状はないのですが、1割以下の人には
動悸・のどがつまる感じ・脈がとぶ・胸部不快感
などの症状が現れる人がいます。
まれに胸痛、心臓の圧迫感などを感じる方もいます。


原因

過労、睡眠不足、精神的、肉体的なストレス、飲酒、喫煙、カフェインの取りすぎ


治療方法

時には副作用の少ない精神安定剤や、抗不整脈薬のベーター遮断薬を使用することもありますが、症状が強く出る人でも原則的に薬による治療は必要ありません


主には
ストレスを解消したり、飲酒の習慣を無くすなどの生活習慣の見直しと、
食生活の乱れを直し、不整脈の予防改善に効果的な栄養素(ミネラル)をサプリメントなどを活用してきっちりと摂取すれば治ることが多いのです。


生活習慣の見直しはみなさんされる方が多いのですが、食事やサプリメントといった栄養面は見過ごしがちな方が多いのです。


見落としがちな栄養面

期外収縮(不整脈)を悪化させる食事

脂身の多い肉や揚げ物、バターなどの動物性タンパク質やカフェインや塩分などが挙げられます。


期外収縮(不整脈)を改善する食事

ビタミンAを多く含む緑黄色野菜や乳製品、大豆類や食物繊維が多い野菜、お魚や果物などです。


そして、一番ご存知ないのが、
マグネシウム」と「亜鉛
この2つの栄養素(ミネラル)こそが
不整脈の予防や、すでに不整脈の症状があり、治療されている方の改善にも効果が高いのです。


マグネシウムと亜鉛はいろいろな食材に含まれていますが、実は普段の食事だけでは不足してしまう栄養素でもあります。


特に亜鉛は、食品からの吸収率は薬30約%と非常に低く、食事だけでは不足してしまいます。
尚且つ、既に抗不整脈薬を使って治療されている方は亜鉛不足になりやすいので、亜鉛の摂取は必須です。


マグネシウムと亜鉛は不足しがちで、食事のみで補うのは難しいのですが、
普段の食事+サプリメントの活用
マグネシウムや亜鉛は効率的に補うことができます


私が期外収縮の患者さんにおすすめしているサプリメントが、
不整脈の予防、改善に効果があるマグネシウムと亜鉛をバランスよく配合し、尚且つ体全体に元気と活力を与えてくれる
発酵黒にんにく酢卵黄をおすすめしています
↓↓↓↓↓↓



発酵黒にんにく酢卵黄をおすすめする理由


@マグネシウムと亜鉛の過剰摂取は逆効果

マグネシウムと亜鉛は食事だけでは不足してしまうのですが、だからと言ってマグネシウムや亜鉛に特化したサプリメントを使用すると、「過剰摂取に陥る危険性」があります。


マグネシウムを過剰摂取すると副作用として、
「下痢」「腹痛」、酷い時には「高マグネシウム血症」を起こす危険性があります。


高マグネシウム血症は、腎臓などを弱らせてしまい、知らぬ間に腎不全を招く危険性があります。


亜鉛を過剰摂取すると、「嘔吐」「脱水症状」「発熱」
酷い時には「銅不足」になることもあります。
ですので、マグネシウムや亜鉛は慎重に摂る必要があるのです。


過剰摂取を防いで、マグネシウムと亜鉛を効率的に補ってくれる。
尚且つ、にんにくには血行を促進し、体を温める効果もありますので、不整脈をお持ちの方にはおすすめできる食材なんです。


にんにく卵黄で体に元気と活力を与え、マグネシウムや亜鉛の不足分も補ってくれるので、「発酵黒にんにく酢卵黄」がおすすめできるのです。
↓↓↓↓↓↓



A発酵黒にんにく酢卵黄の効果


マグネシウムの効能

  • 心拍を一定に保つ
  • 高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防に効果がある
  • シナプスの機能を高め、老化で低下する記憶力にも効果がある
  • 偏頭痛にも効果がある

亜鉛の効能

  • 免疫力を高める
  • 血糖値を下げる
  • 酵素の活性化
  • 新陳代謝の促進

などが挙げられます。


マグネシウムを多く含む食べ物は、
大豆製品、魚介類、海藻、ナッツ類


亜鉛を多く含む食べ物は、
牡蠣、牛肉、豚肉、レバー、ココア、のり、ワカメなど


マグネシウムや亜鉛を摂取することにより、心拍を一定に保ち、高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防をし、免疫力を上げて血糖値を下げることができます。


「発酵黒にんにく酢卵黄」その他の効果

にんにくには元気になる効果があるとして活力剤として広く知られていますが他に、
血栓を作りにくくする効能」もあります。


不整脈をお持ちの方は不整脈だけではなく、合併症に気を付ける必要があります。


不整脈の合併症の代表的なものとして
血栓症」があります。
血栓症とは、不整脈が起こっている時に心房の中で血液が滞り、滞った血液が固まり細かい血の塊(血栓)ができてしまうのです。


そしてこの血栓を作りにくくする働きを持つのが、にんにくに含まれる成分、「アリシン」なのです。


不整脈の予防、改善だけではなく、不整脈の怖い合併症である血栓症も予防できる「発酵黒にんにく酢卵黄」 は本当におすすめです。


今なら無料お試しキャンペーンを実施中ですので、「発酵黒にんにく酢卵黄」 の効果を試していただけるチャンスです!
↓↓初めての方にはすごくお得な特典があり試しやすくなっています↓↓
↓↓↓↓↓↓



まとめ

自律神経失調症などによって副交感神経の働きが弱いと不整脈は出やすくなります。


期外収縮に悩んでおられる方は
リラックスしてストレス解消をまずは心がけて下さい。


そして、
喫煙習慣や大量の飲酒などの生活習慣を見直して下さい


そして、
食生活の改善や、サプリメントによる栄養素(ミネラル)の摂取を心がけてください。


そうすると徐々に不整脈(期外収縮)も治ることが多々あります。


ただし、危険な不整脈もありますので、まずは医師に診断してもらってから実行してくださいね。