看護師による不整脈の種類や原因・症状・治療法など徹底解説

不整脈が起こる原因とは?改善方法は?


不整脈とは読んで字のごとく「脈が整っていない状態」を指します。
脈が整っていないこと、それを全て「不整脈」と呼びます。
では、「脈が整っていない状態」とはどういう状態でしょうか。


心臓は心筋という特殊な筋肉でできており、上下左右の4つの部屋から成り立っています。
上側の部屋の一部から、心臓を動かす指令の電気刺激が出され、その結果、心臓は規則正しいリズムで全身に血液を送るポンプの役目をはたしています。
怖い不整脈とは、単に「脈がバラバラになる」ことではなく、ポンプの役割を果たすための電気刺激が不十分、または破たんした状態なのです。


安静時にしている時の成人の正常脈拍数は、60〜80回/分です。
これより脈が速くなる「頻脈性不整脈」と
脈が遅くなる「徐脈性不整脈」と
そして脈拍が不規則になる「期外収縮」に分類されます



脈拍が速くなる頻脈性不整脈


脈拍が速くなって動悸やめまいなど、脳貧血症状を伴うこともあるのが頻脈性不整脈です。


症状が重い場合は、1分間に240回以上も脈拍を打つことがあり、心臓のポンプ機能が十分にはたされず、血液を送り出すことができなくなり、血圧の低下から失神を引き起こすこともあります。
そんな時にはすぐに横になるようにします。
そして心臓に負担をかけないために落ち着くまで安静にします。


重篤な場合は脳梗塞などの原因となるケースもありますので、いち早く病院で検査を受けて下さい


脈拍がゆっくりになる徐脈性不整脈


徐脈性不整脈は、脈拍が1分間に40回以下になる状態です。


重い場合は数秒間心臓が停止し、脈拍が7?10秒も途切れると、失神や痙攣を引き起こします。




脈拍が不規則になる期外収縮


期外収縮は、脈が飛んだり、脈が不規則にうつことです。


期外収縮は不整脈の中でも一番多く、健康な状態で心臓に何の異常のない人でも起こる場合があります。
喉が詰まった感じ、胸にチクリとした痛み、胸がギュッとしめつけられるなど、胸の不快感を感じることがあります。


ストレスからくる自律神経の乱れや、生活習慣の乱れなどが原因となります。



不整脈の原因


原因@ 加齢

不整脈が起こる原因として1番多いのが「加齢」
年をとるにつれて心肺機能が衰えることによって不整脈が出てきます。


原因A ストレス・生活習慣

不整脈は日常のストレスや生活習慣が原因で起こることもあります。
ストレスや生活習慣からくる不整脈は年齢とは関係ありません。


仕事でのストレス・人間関係でのストレス・睡眠不足・暴飲暴食・長時間労働・運動不足・喫煙・酒の飲み過ぎ
など、ストレスや生活習慣の乱れによって不整脈(特に期外収縮)が起こります。


原因は自律神経の乱れ


ストレスや生活習慣の乱れによって、交感神経が優位になり、休息のための副交感神経が働かなくなります。
すると、体がずっと緊張状態になり全身の筋肉が緊張して体(心臓)に負担がかかってしまうからなんです。



不整脈を改善するためには

心臓の病気や脳梗塞が原因の不整脈は必ず医師の診断が必要です。


しかし、ストレスからくる不整脈(期外収縮)を改善するためには生活習慣の改善とストレスを解消することが大切です。


食生活の改善、お酒を控える、タバコをやめる、睡眠時間をしっかりと取る、などストレスの軽減に努めることにより副交感神経が優位に働き、不整脈(期外収縮)の改善が見込めます。


<<ひとくちメモ>>

にんにく卵黄が心臓疾患や不整脈の予防や改善に効果的なのをご存知でしょうか?

にんにく卵黄には、不整脈の原因の1つ、自律神経の乱れを整える効果があります。


さらに、血液中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があり、不整脈の合併症である、「血栓症」を起こりにくくする効果があります。


さらに悪玉コレステロールの除去、血管を丈夫にする働きがあるため、動脈硬化を防ぎ、高血圧や心筋梗塞、心不全などを予防、改善する働きもあります


そんなにんにく卵黄の中には、特に不整脈や心臓疾患に効果が高いにんにく卵黄があります。


それが、大日堂の「発酵黒にんにく酢卵黄」というにんにく卵黄です。


「発酵黒にんにく酢卵黄」の不整脈や心臓疾患に対する効果の秘密は「マグネシウム」と「亜鉛」を豊富に含んでいることにあります。


マグネシウムは、

  • 心拍を一定に保つ
  • 高血圧、心疾患、糖尿病などの病気の予防

などの効果があるとされています。


亜鉛には、

  • 免疫力を高める、血糖値を下げる
  • 酸素の活性化、新陳代謝の促進

などの効果があります。


マグネシウムや亜鉛を摂取することにより、心拍を一定に保ち、高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防をし、免疫力を上げて血糖値を下げることができます。


このように、マグネシウムと亜鉛を豊富に含んだにんにく卵黄は心疾患や不整脈の予防、改善に効果が高いとされいて、
実際に生活習慣を改善しても不整脈(期外収縮や頻脈)が改善されなかったのに、発酵黒にんにく酢卵黄を飲み始めてから不整脈が出る回数や頻度が減った、改善したという患者さんの声をとても多く聞きます。


さらに、にんにく卵黄の力によってあなたの体に元気と活力を与えてくれます。
一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?


不整脈に効果が高いという声が多いにんにく卵黄はこちら↓↓