看護師による不整脈の種類や原因・症状・治療法など徹底解説

夜中に救急車で運ばれるほどの重い症状。
治療法のない不整脈の発作が消えた!
にんにく卵黄のおかげで今日も生きています!


滋賀県大津市 五十嵐恒彦さん 66歳(取材当時)


■ 56歳の時に突然現れた心臓の異変



スポーツが好きで、ゴルフや水泳、ジョギングなどを趣味にして、健康と体力には自信があったという五十嵐さん。仕事場へも自転車で通勤していました。
突然の異変に襲われたのが、56歳の時。
夜、眠っていると胸がドンドンと誰かに叩かれているような感じで、あれっ!?と思っているうちにそれが速く、強くなっていきました。
「発作性上室性頻拍」という不整脈の発作で、脈拍が160〜180もあったのです。


■ 夜だけじゃなく日中も不整脈の発作が


「最初は夜だけ出ていた発作がだんだんと増えていき、昼も夜も毎日その症状に悩まされるようになってきたんです。
心臓の鼓動で体が揺れるし、自転車で帰る途中に心拍が早くなり過ぎて脈が取れなくなり、心臓がとまってしまったかと思う瞬間もありました。」
顔色は悪く、毎日寝不足でも代わりの人がいないから毎日休まず仕事をしていた五十嵐さん。つらい症状に追い詰められていたのに治療法はなく、医者から処方されていたのはデパスという精神安定剤だけでした。ところが、この薬を飲むと副作用があり、緑色の虫が大量に襲ってくるという悪夢を必ず見てしまうのです。それによって余計に寝不足になるので、薬の服用を止めていました。
それから数ヶ月後、発作性上室性頻拍のかわりに期外収縮という不整脈の症状で発作が起きるようになってきたのです。10回に1回は脈が飛び、少し運動すると胸に違和感を感じるようになりました。


■ 悪化していく症状に恐怖の毎日


心臓の調子が悪くなってからは仕事にも影響が出てきました。車で1日中外回りをするのですが、不整脈の発作がひどくなる度に車をとめて休むように。危険だと感じたときには「♯7119」に電話をかけて救急車の相談をしていました。実際に救急車にも10回程度は乗りました。
予定通りの仕事がこなせず、集中力も欠いていたのでミスも目立ち、仕事のストレスが溜まるばかりでした。そんな中、真冬の2月、帰宅途中で不整脈の激しい発作に襲われ、立っていることもできずに、冷たい路上で症状が治まるまで寝ていたことも何度かありました。
こんなに辛いのに処方されるのはあの悪夢を見る薬デパスだけでした。他には大病院でカテーテル治療をするしか方法はないのですが、調べると失敗することもあるという話です。悪化する一方の不整脈の症状、命の危険を感じて悩むばかりの日々でした。


■ わらをつかむ思いで始めました


ある日、ふとインターネットで病名を検索してみると、期外収縮のような不整脈にはマグネシウムと亜鉛を含んだにんにく卵黄に予防・改善効果があると書かれているのを発見して取り寄せてみることに。
それが、大日堂の「発酵黒にんにく酢卵黄」
という商品でした。
ワラをもつかむ気持ちで試してみました。
いつも10分毎に自分で脈を測るクセがついていた五十嵐さん。飲み始めて二か月ほどたってから、期外収縮の症状が減ってきたのがわかりました。数ヶ月たった頃には、脈が飛ぶのはだんだんと少なくなり、1日に1度か2度にまで減ってきました。やがて発作は全く起きなくなり、今ではすっかり心臓の心配をしなくなりました。


■ にんにく卵黄に出会って今日も生きています


「あの頃は死への恐怖ばかりの毎日でした。夜中に不整脈の発作が起こると、妻を起こしてしまってすごく迷惑と心配をかけました。このにんにく卵黄に出会わなければこのような取材も受けていなかっただろうし、もうこの世にいなかったかもしれません。本当に感謝しています。」
これからはゆっくりとセカンドライフを満喫していきたいと笑顔で話して下さいました。


今回の取材で五十嵐さんが飲んでいたのは、
大日堂の「発酵黒にんにく酢卵黄
という商品です。


>>>五十嵐さんが飲んでいる発酵黒にんにく酢卵黄はこちらからお申し込みしていただけます>>>


なぜ発酵黒にんにく酢卵黄で五十嵐さんの不整脈は治まったのでしょうか?


にんにく卵黄には、不整脈の原因の1つ、自律神経の乱れを整える効果があります。
さらに、にんにくに含まれる成分「アリシン」によって血液中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果や悪玉コレステロールの除去、血管を丈夫にする働きがあるため、動脈硬化を防ぎ、高血圧や心筋梗塞、心不全などを予防、改善する働きもあります。


そんなにんにく卵黄の中には、特に不整脈や心臓疾患に効果が高いにんにく卵黄があります。


それが、大日堂の「発酵黒にんにく酢卵黄」だったんです。


発酵黒にんにく酢卵黄が不整脈や心臓疾患に効果が高い秘密は
マグネシウム」と「亜鉛」を豊富に含んでいることが効果の秘密だったんです。


マグネシウムと亜鉛の効能


マグネシウムの効能

  • 心拍を一定に保つ
  • 高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防に効果がある
  • シナプスの機能を高め、老化で低下する記憶力にも効果がある
  • 偏頭痛にも効果がある

亜鉛の効能

  • 免疫力を高める
  • 血糖値を下げる
  • 酵素の活性化
  • 新陳代謝の促進

などが挙げられます。


マグネシウムを多く含む食べ物は、
大豆製品、魚介類、海藻、ナッツ類


亜鉛を多く含む食べ物は、
牡蠣、牛肉、豚肉、レバー、ココア、のり、ワカメなど


マグネシウムや亜鉛を摂取することにより、心拍を一定に保ち、高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防をし、免疫力を上げて血糖値を下げることができます。


しかし残念なことに、マグネシウムと亜鉛というのは食品からの摂取率が非常に低く、亜鉛に至っては食事からの摂取率が30%とたいへん低いので、サプリメントを上手に活用して摂取することが大切なんです。


五十嵐さんが飲んでおられたマグネシウムと亜鉛を含んだにんにく卵黄は下のバナーからご注文していただけます。
↓↓初めての方には試していただきやすい特典があります↓↓



「発酵黒にんにく酢卵黄」その他の効果

にんにくには元気になる効果があるとして活力剤として広く知られていますが他に、
血栓を作りにくくする効能」もあります。


不整脈をお持ちの方は不整脈だけではなく、合併症に気を付ける必要があります。


不整脈の合併症の代表的なものとして
血栓症」があります。
血栓症とは、不整脈が起こっている時に心房の中で血液が滞り、滞った血液が固まり細かい血の塊(血栓)ができてしまうのです。


そしてこの血栓を作りにくくする働きを持つのが、にんにくに含まれる成分、「アリシン」なのです。


不整脈の予防、改善だけではなく、不整脈の怖い合併症である血栓症も予防できる「発酵黒にんにく酢卵黄」 は本当におすすめです。


実際に取材をさせていただいた五十嵐さん以外にも不整脈(期外収縮や頻脈)が改善し、不整脈が出る回数や頻度が減った、という患者さんの声も多く聞きます。


さらに、にんにく卵黄の力によってあなたの体に元気と活力を与えてくれます。
にんにく卵黄自体が決して体に悪いものではありませんので一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?


今ならお試しキャンペーンを実施中ですので、「発酵黒にんにく酢卵黄」 の効果を試していただけるチャンスです!
↓↓初めての方にはすごくお得な特典があり試しやすくなっています↓↓



マグネシウムと亜鉛を摂取する際の注意点


マグネシウムと亜鉛はいろいろな食材に含まれていますが、実は普段の食事だけでは不足してしまう栄養素でもあります。


特に亜鉛は、食品からの吸収率は30約%と非常に低く、食事だけでは不足してしまいます。
尚且つ、既に抗不整脈薬を使って治療されている方は亜鉛不足になりやすいので、亜鉛の摂取は必須です。


しかしながら摂取する際には注意が必要なんです!


マグネシウムと亜鉛の過剰摂取は逆効果

マグネシウムと亜鉛は食事だけでは不足してしまうのですが、だからと言ってマグネシウムや亜鉛に特化したサプリメントを使用すると、「過剰摂取に陥る危険性」があります。


マグネシウムを過剰摂取すると副作用として、
「下痢」「腹痛」、酷い時には「高マグネシウム血症」を起こす危険性があります。


高マグネシウム血症は、腎臓などを弱らせてしまい、知らぬ間に腎不全を招く危険性があります。


亜鉛を過剰摂取すると、「嘔吐」「脱水症状」「発熱」
酷い時には「銅不足」になることもあります。
ですので、マグネシウムや亜鉛は慎重に摂る必要があるのです。


過剰摂取を防いで、マグネシウムと亜鉛を効率的に補ってくれる。
尚且つ、にんにくには血行を促進し、体を温める効果もありますので、不整脈をお持ちの方にはおすすめできる食材なんです。


にんにく卵黄で体に元気と活力を与え、マグネシウムや亜鉛の不足分も補ってくれるので、「発酵黒にんにく酢卵黄」がおすすめできるのです。


発酵黒にんにく酢卵黄を続けて服用することによって不整脈(期外収縮)が出る回数や頻度が減ったという声もよく耳にします。
決して体に悪いものではないので一度試してみてはいかがでしょうか?


↓↓不整脈の予防・改善に効果が高いと評判の発酵黒にんにく酢卵黄↓↓