看護師による不整脈の種類や原因・症状・治療法など徹底解説

心房細動の改善や怖い合併症である血栓症を予防するために
サプリメントを活用してセルフケアを心掛けましょう!


心房細動自体は珍しい不整脈ではなく、健康な方でも発症する、じつは身近な不整脈といえます。
年齢が上がるにつれて発生率が高くなり、心臓自体に異常がなくても起こります。


原因として、
高血圧や心不全で心臓に負担がかかった状態、心筋梗塞・弁膜症などの心臓病がある場合は発生しやすくなります。
過労、アルコールの過剰摂取、睡眠不足、精神的ストレス、などによる自律神経の乱れによっても発症します。


しかし、心房細動自体は直接死につながるような怖ろしい不整脈ではなく、むしろ怖いのが
合併症である血栓症」です。


血栓症というのは、心房の中で血液が滞り凝固します。血液凝固が心房の中で起こると、細かい血の塊(血栓)ができ、心臓の拍動に押し出された血栓がどこかの血管を詰まらせてしまうことを「血栓症」といいます。


代表的で一番怖いものは、脳の血管が詰まる脳梗塞です。


血栓症を予防するためには
カテーテルアブレーション治療や、
抗血小板剤やワーファリン等の血の凝固作用を抑制する薬の服用などがあげられます。


しかし、
カテーテルを入れるまでに至っていない場合や、
ワーファリンなどの薬の副作用(血が止まりにくくなる等)が気になって飲んでいないというかたはどうすればいいのでしょう。


特にワーファリンなどの薬の服用は、血が止まりにくくなり、胃や腸での出血、頭の中の出血はとても怖く、死につながることもあります。


そこで、心房細動の症状の改善や、血栓症の予防に取り組むために普段からサプリメントを活用してセルフケアを心がけることが重要だと言われています。


心房細動の改善、血栓症の予防に有効なサプリメントとは?


心房細動の改善に必要なことというのが、
自律神経の乱れを整える」ことが大切です。


血栓を予防するために必要なことが、
血液中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにすることが大切です。


この2つを同時に満たしてくれるサプリメントが、意外なことに
にんにく卵黄」なんです。


そんなにんにく卵黄の中でも特におすすめするのが、
大日堂の「発酵黒にんにく酢卵黄
というサプリメントです。


心房細動の改善には自律神経の乱れを整える栄養価や心臓のポンプ機能を助けてくれるミネラルが必要です。


自律神経の乱れを整えてくれる栄養素というのが、
にんにくに含まれる「アリシン」です。


そして、心臓のポンプ機能を助けてくれるミネラルというのが、
マグネシウム」や「亜鉛」となります。


しかし、この「アリシン」「マグネシウム」「亜鉛」という3つの栄養素、
実は普段の食事で補うのは非常に難しい栄養素なんです。


そこで不整脈や期外収縮の患者さんが多く飲んでおられるのが
だいにち堂の「発酵黒にんにく酢卵黄」というサプリです。
普段の食事で補うことが難しい「アリシン」「マグネシウム」「亜鉛」をサプリメントを活用して補っていくことによって、不整脈の改善や症状の進行をくい止める手助けをしてくれるのです。


↓発酵黒にんにく酢卵黄の詳細はこちら↓



実際に不整脈や期外収縮の患者さんがたくさん飲まれていて、生活習慣の改善に長年取り組んでも成果が現れなかったのに、発酵黒にんにく酢卵黄を飲み始めてからは不整脈の出る回数や頻度が減った、症状が改善したという患者さんの声が続々と出ています。


>>実際に不整脈の発作の不安を克服された五十嵐さんの体験談はこちら<<


では、ここからはなぜアリシンやマグネシウム、亜鉛が必要であるのか、なぜ発酵黒にんにく酢卵黄が効果的なのかというのを詳しく解説していきます。


心臓に働きかけるにんにく卵黄の効果

にんにく卵黄には、心房細動の原因の1つ、自律神経の乱れを整える効果があります。
さらに、にんにくに含まれる成分「アリシン」によって血液中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果や悪玉コレステロールの除去、血管を丈夫にする働きがあるため、動脈硬化を防ぎ、高血圧や心筋梗塞、心不全などを予防、改善する働きもあります。


そんなにんにく卵黄の中には、特に不整脈や心臓疾患に効果が高いにんにく卵黄があります。


それが、大日堂の「発酵黒にんにく酢卵黄」なんです。



発酵黒にんにく酢卵黄が不整脈や心臓疾患に効果が高い秘密は
マグネシウム」と「亜鉛」を豊富に含んでいることが効果の秘密だったんです。


マグネシウムと亜鉛の効能


マグネシウムの効能

  • 心拍を一定に保つ
  • 高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防に効果がある
  • シナプスの機能を高め、老化で低下する記憶力にも効果がある
  • 偏頭痛にも効果がある

亜鉛の効能

  • 免疫力を高める
  • 血糖値を下げる
  • 酵素の活性化
  • 新陳代謝の促進

などが挙げられます。


マグネシウムを多く含む食べ物は、
大豆製品、魚介類、海藻、ナッツ類


亜鉛を多く含む食べ物は、
牡蠣、牛肉、豚肉、レバー、ココア、のり、ワカメなど


マグネシウムや亜鉛を摂取することにより、心拍を一定に保ち、高血圧、心臓疾患、糖尿病などの病気の予防をし、免疫力を上げて血糖値を下げることができます。


しかし残念なことに、マグネシウムと亜鉛というのは食品からの摂取率が非常に低く、亜鉛に至っては食事からの摂取率が30%とたいへん低いので、サプリメントを上手に活用して摂取することが大切なんです。


↓↓初めての方には試していただきやすい特典があります↓↓



>>実際に不整脈の発作の不安を克服された五十嵐さんの体験談はこちら<<


「発酵黒にんにく酢卵黄」その他の効果

にんにくには元気になる効果があるとして活力剤として広く知られていますが他に、
血栓を作りにくくする効能」もあります。


心房細動をお持ちの方は不整脈だけではなく、合併症に気を付ける必要があります。


不整脈の合併症の代表的なものとして
血栓症」があります。
血栓症とは、不整脈が起こっている時に心房の中で血液が滞り、滞った血液が固まり細かい血の塊(血栓)ができてしまうのです。


そしてこの血栓を作りにくくする働きを持つのが、にんにくに含まれる成分、「アリシン」なのです。


不整脈の予防、改善だけではなく、不整脈の怖い合併症である血栓症も予防できる「発酵黒にんにく酢卵黄」 は本当におすすめです。


実際に取材をさせていただいた五十嵐さん以外にも不整脈(期外収縮や頻脈)が改善し、不整脈が出る回数や頻度が減った、という患者さんの声も多く聞きます。


さらに、にんにく卵黄の力によってあなたの体に元気と活力を与えてくれます。
にんにく卵黄自体が決して体に悪いものではありませんので一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?


今ならお試しキャンペーンを実施中ですので、「発酵黒にんにく酢卵黄」 の効果を試していただけるチャンスです!
↓↓初めての方にはすごくお得な特典があり試しやすくなっています↓↓



マグネシウムと亜鉛を摂取する際の注意点


マグネシウムと亜鉛はいろいろな食材に含まれていますが、実は普段の食事だけでは不足してしまう栄養素でもあります。


特に亜鉛は、食品からの吸収率は30約%と非常に低く、食事だけでは不足してしまいます。
尚且つ、既に抗不整脈薬を使って治療されている方は亜鉛不足になりやすいので、亜鉛の摂取は必須です。


しかしながら摂取する際には注意が必要なんです!


マグネシウムと亜鉛の過剰摂取は逆効果

マグネシウムと亜鉛は食事だけでは不足してしまうのですが、だからと言ってマグネシウムや亜鉛に特化したサプリメントを使用すると、「過剰摂取に陥る危険性」があります。


マグネシウムを過剰摂取すると副作用として、
「下痢」「腹痛」、酷い時には「高マグネシウム血症」を起こす危険性があります。


高マグネシウム血症は、腎臓などを弱らせてしまい、知らぬ間に腎不全を招く危険性があります。


亜鉛を過剰摂取すると、「嘔吐」「脱水症状」「発熱」
酷い時には「銅不足」になることもあります。
ですので、マグネシウムや亜鉛は慎重に摂る必要があるのです。


過剰摂取を防いで、マグネシウムと亜鉛を効率的に補ってくれる。
尚且つ、にんにくには血行を促進し、体を温める効果もありますので、不整脈をお持ちの方にはおすすめできる食材なんです。


にんにく卵黄で体に元気と活力を与え、マグネシウムや亜鉛の不足分も補ってくれるので、「発酵黒にんにく酢卵黄」がおすすめできるのです。


発酵黒にんにく酢卵黄を続けて服用することによって不整脈(期外収縮)が出る回数や頻度が減ったという声もよく耳にします。
心房細動の改善や血栓症の予防にはセルフケアがとても大切だということなんですね。


↓↓不整脈の予防・改善に効果が高いと評判の発酵黒にんにく酢卵黄↓↓



>>実際に不整脈の発作の不安を克服された五十嵐さんの体験談はこちら<<