看護師による不整脈の原因・症状・治療法など徹底解説

不整脈「血をサラサラにする薬」が必要な理由とは

「血をサラサラにする薬」が必要な不整脈とは
不整脈になったからと言って、全ての人が「血をサラサラにする薬」=「抗血小板剤」「抗凝固剤」を飲むわけではありません。

血栓と呼ばれる「血管内に出来る血のかたまり」ができやすいタイプの不整脈が対象になります。
この血栓は、とても小さいものから目に見える大きなのものまでサイズは様々です。


「血をサラサラにする薬」=「抗血小板剤」「抗凝固剤」について、
飲み方や服用上の注意点・禁止事項・副作用について解説していきます。



血栓ができやすい不整脈の代表格は「心房細動」

心臓の主に上の部屋から無秩序なたくさんの電気信号が発生し、その一部によって心臓が収縮しポンプの役割を果たします。
心臓の部屋が細かく振動した状態となり血液がうったいすることにより血栓ができます。


血栓はなぜできる?血が固まるしくみとは

健康な状態では、血液が滞りなくスムーズに流れ、停滞して血栓ができることはありません。
血液が固まる仕組みは、怪我を負った時に素早く出血をとめる防御機能として進化してきました。
血が固まるシステムが働くのは主に「停滞したとき」「異物に触れたとき」血の固まる因子に異常があるとき」です。
不整脈が原因で血栓が形成されるのは、心臓や血管の中で血の停滞が起こるためです。


血栓が危険な理由とは 怖い病気の引き金になるから

血管や心臓の中で育った血のかたまりが、血流にのって脳の血管を詰まらせれば「脳梗塞」となります。
その他、血栓が詰まった場所によっていろいろな病気の原因になります。


このように、血栓ができること自体より、血栓で血管が詰まる状態が危険だと言えます。
作用によってたくさんの薬が発売されています。


「抗血小板剤」・「抗凝固剤」の作用と副作用

どちらも、血が固まる作用を阻害し、血栓をできにくくするものです。
決して不整脈そのものを治す薬ではありません。
副作用は「血が止まりにくくなること」です。


怖いものは胃や腸の出血、頭の中での出血です。
また、怪我をしたときに血が止まりにくい、歯磨きで血がでる、痔空の出血が多いなどの副作用があります。
抜歯や歯科処置を受ける場合は、あらかじめ中止が必要なことがあります。
治療する病院、薬を処方している医師双方に相談しましょう。




抗凝固剤「ワルファリン」と納豆・クロレラの組み合わせは禁止

ワルファリン(商品名:ワーファリン)は古くから使われているとても良い薬です。
抗血小板剤とは作用が異なります。
注意点としては

  • 他の医薬品による相互作用を受けやすい
  • 効き具合は採血検査によってしかわからない
  • 食品・嗜好(しこう)品との組み合わせで作用を弱めたり、強めたりするものがある。

原則として、
納豆・クロレラ・青汁・モロヘイヤは禁止
緑黄色野菜の大量摂取は禁止されています。
これはビタミンKがワーファリンの作用を減寂させるためです。
納豆は腸に届いた納豆菌の作用で、ワーファリンの効き目に変化を起こします。


薬の飲み方ポイント「決まった時間に決まった量を」

毎日決まった時間に、確実に薬を飲む、ということは簡単そうでなかななか難しいものです。
薬の量や内容は個人によって違います。
体重、年齢、性別、肝臓の機能、腎臓の機能などを総合的に判断し医師が処方します。


飲み忘れた場合は、できる限り早く服用します。
しかし「朝忘れたから昼の分と2回分まとめて飲む」といったことは絶対にやめましょう。


翌日まで気づかなかった場合は、その日の分だけを指示通りに服用し、受診したときに飲み忘れたことを伝えましょう。
逆に、間違えて多く飲んでしまったりした場合は、医療機関、医師にに相談してください。


抗血小板剤・抗凝固剤は薬の性質上「血が止まりにくくなる」という副作用と付き合っていく必要があります。
直接不整脈を治す薬でもありません。
しかし、脳梗塞などの危険な合併症を起こさないためにも大切な薬です。
心配なことは医師や薬剤師、看護師に相談してくださいね!